チベット体操でアンチエイジングTOP > チベット体操の基本のポーズ > チベット体操の基本のポーズ その5

チベット体操の基本のポーズ その5

チベット体操の基本のポーズ その5

チベット体操の最後の5つ目のポーズを紹介します。

このポーズは、ヨガでは「犬のポーズ」と呼ばれています。このポーズは、美容効果が高く、更年期障害やストレス解消への効果もあるといわれています。

[チベット体操の最後の5つ目のポーズのやり方]
@ うつ伏せの状態で手を床につけ、つま先を立てる
A 息を吐きながら、上半身を反らす
B 息を吸いながら、腰を持ち上げ三角形のような形にする
C 息を吐きながら元の姿勢に戻す
D Aに戻り、同様のポーズを2、3回繰り返す

※A、Bは逆の場合もあります。


[効果]
ストレスの緩和、美容効果。

[ひとくちメモ]
ここでも呼吸が大切です。なれないうちはあまり呼吸に意識がいきませんが、しっかりと息を吐いたり、すったりしながら動作をやるように心がけるといいと思います。

実際にやってみると意外とエネルギーを使う感じがしました。体のかたい人にはちょっとつらいかな?上半身をそらすという動作は意外と日常生活ではないですよね。上体をそらすのは腰への負担も大きいので、少し大変だなと思う方は、無理をしない程度にするといいと思います。

楽天市場で検索⇒★楽天市場で「チベット体操」関連の商品を探す★



チベット体操でアンチエイジング TOPへ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。