アーユルヴェーダとチベット体操

チベット体操アーユルヴェーダを理解するとより楽しめると思います。

アーユルヴェーダという言葉は知っているでしょうか?言葉の意味がわからない人も一度くらいは聞いたことがある人も多いと思います。

簡単にいうと「アーユルヴェーダ」とはインドの伝承医学のことです。ヨガやインド思想などもこのアーユルヴェーダと深く関わっているようです。

まず「アーユルヴェーダ」では、宇宙に存在する全ての物質は、5つの元素(空・風・火・水・地)から成り立っていると考えています。

またアーユルヴェーダでは、人間の体はその5つの元素の組み合わせにより3つのドーシャ(性質)に分類されます。

その3つのドーシャはヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)に分かれ、それぞれに固有のお特性があります。

これらのバランスが大切だと考えられているのですが、チベット体操も同様に、このそれぞれの特性のバランスを崩さないように心がけながら行うことが大切だといわれています。それによって体が健康になり、アンチエイジング効果も発揮できるようになるんですね。

逆にこのーユルヴェーダにおけるバランスが崩れてしまうと、体に老廃物が溜まったり、疲れやすくなったりと不健康な状態になりやすくなってしまうといわれていますので注意が必要です。

楽天市場で検索⇒★楽天市場で「チベット体操」関連の商品を探す★



チベット体操でアンチエイジング TOPへ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。